Genymotionを使ってMac環境でAndroidアプリ実行環境を整える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

はじめに

Genymotionとは、PC上でAndroid OSを動かすことができるのエミュレーターです。
Mac環境でAndroidアプリのエミュレーターは今までAndroid Studioを使っていたんですが、Genymotionが良さそうだったので試してみました。

今回はMac環境でGenymotionをインストールしましたが、Windows、Linux環境向けにも提供されています。

法人利用だと有料ですが、個人利用であれば無料で使用することが出来ます。(2017年8月時点)

動作環境

  • Mac Sierra Version 10.12.5
  • Genymotion Version 2.10

Genymotionのインストール

Genymotionアカウント作成

まずはGenymotionアカウントを作成します。
[Top]>[Sign in]>[Create an account]

Sign up

  • Username
    サービスで一意になるUsernameを指定する必要があります。
  • Company type
    個人利用であれば、Gamer/personalで大丈夫です。
  • Usage type
    利用用途にあったtypeを選びましょう。今回はDevelopmentを選択しました。

「Get our latest news & updates」は必要なければチェックを外して、「I accept the Terms and Conditions」にチェックを入れてアカウントを作成します。
登録したメールアドレスにアクティベーション用のメールが送信されるので、リンクからアクティベーションします。

Genymotionのインストール

[Top]>[Resources]>[Fun Zone]から無料ダウンロードページにいきます。

Downloadボタンを押すとサインインを求められるので、登録した内容でサインインします。

Mac用のイメージファイルをダウンロードします。

ダウンロードが完了したら解凍し、起動します。
個人利用であれば、[Personal Use]を選択してください。

利用規約の同意にチェックを入れ、[Accept]で次に進みます。

[Close]して完了です。

仮想デバイスの起動

初回起動時は仮想デバイスが作成されていないので、テストするデバイスを選択して、Genymotionに仮想デバイス追加します。

仮想デバイスを選択します。

ここではGoogle Nexus 10を選択しました。[Next]でデプロイが開始されます。

仮想デバイスがデプロイされるので待ちます。

失敗しました。

原因はわかりませんが、[Finish]で抜けて、もう一度トライすると成功しました。
[Start]から仮想デバイスを起動します。

無事にNexus 10のエミュレーターが起動できました。

様々な仮想デバイスでテストできます。検証したい仮想デバイスを追加してください。
Nexus 6Pも問題なく動きました。

デザインも良いし、割とサクサク動きます。
Androidアプリを開発するなら検討してみてはどうでしょう。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*